HOME > 製品詳細
/ 詳細の閲覧
[厨房機器 > 洗浄機]
<<戻る   
お問合わせは、このボタンで
パススルータイプ食器洗浄機 PT-M Energy (ID=24)
極上の洗浄 - あらゆる食器を美しく洗い上げます。

ウインターハルターのパススルータイプ洗浄機は洗浄機ラインナップの中でも必要不可欠な存在であり、新しいモデルの開発を行うたびに、常に高いハードルを与え、そしてクリアしてきました。とりわけ新しいパススルータイプ洗浄機「PTシリーズ」に対する私たちの要求値は過去にないくらい非常に高いものでしたが、さらにその高いハードルを乗り越え、過去の記録を大きく塗り替えることができました。
ウインターハルターは食器洗浄機のパイオニアとして、新しいパススルータイプ洗浄機を皆様へご紹介いたします。

洗浄水圧を賢く制御

衛生的な洗浄の結果をお約束するためには、洗浄機の水圧は非常に重要な要素の一つとなります。シチュエーションにあったプログラムを選択するだけで、「バリオパワー」が最適な洗浄圧力にコントロールし、洗浄をスタートします。
汚れの軽いものは優しく、汚れの激しいものはしっかりと洗浄する事が可能になります。
そのため、食器に対しても必要最小限の負担で、美しい洗浄結果をご提供することができます。

洗浄の温度や時間なども賢く自動制御

「バリオパワー」による水圧コントロール機能に加えて、洗浄の温度や時間、洗剤やリンス剤の量など、洗浄にとって非常に重要な他の要素についても自動的に調整されています。
これは様々なタイプの食器や汚れに対応できるという事を意味しています。

洗い残し部分が皆無

洗浄とすすぎの機能を併せ持つ、楕円形の「洗浄フィールド」により、洗浄することができるカバーエリアを最大化することができました。
独特な形状、個々の噴射ノズルの角度やサイズなど、どのマシンでも美しい洗浄結果を導き出せるようにデザインされています。

 

洗浄水はいつでもクリーン

PTシリーズでは、洗浄水は定期的にフィルタリングされ、そしてモニタリングされています。

タンクカバー、シリンダーフィルターやポンプインレットフィルターなど、特許取得の「フルカバーフィルターシステム」は、従来に類を見ないくらいに洗浄水のごみをフィルタリングします。もちろんすでに評価を得ているメディアマットも搭載。遠心力を利用し、コーヒーのカスのような細かいゴミを取り除きます。

センサーは継続的にタンク水の状態をモニタリングし、必要があればすすぎ水をタンク湯の汚れを薄める為に通常よりも多く補給します。
これは安定的に洗浄力が保たれ、衛生的な洗浄を行える状態にあることを意味します。

   

 

洗い上がりの美しさは変わらず、
洗浄時間を大幅に短縮

ウィンターハルターのパススルータイプでは、まず初めにエネルギーのコントロール方法に目を向けました。これにより、洗浄時間を短縮することができ、最大で28%もの処理能力を向上させることができました。
水圧コントロールが可能な「バリオパワー」、全体をカバーする楕円形の「洗浄フィールド」、特許取得の「フルカバーフィルターシステム」により、洗浄する時間は短くなっても美しい洗浄結果を生み出すことができます。

すすぎ水の昇温時間を短縮

ウィンターハルターはパススルータイプのすべてのモデルにヒートリカバリーシステム(熱交換装置)を取り付けた、初めてのメーカーだといえます。つまりこのシステムにより給水は継続的に暖められる為、すすぎ水の設定温度までの昇温スピードを速めることができるのです。すすぎ水の昇温時間を最大で約26%短縮させ、ピークタイムでの連続洗浄を可能にします。

 

マシンの加熱時間を短縮

「アクティブエナジーマネージメントシステム」は、マシンを素早く準備させるために、使用できるエネルギーを最適に配分して利用します。これにより加熱時間が最大50%削減されます。
結果として、PTシリーズは従来の製品と比較し、圧倒的なスピードでスタンバイさせることができるようになりました。

   

経済性を保証します。

省資源や省エネルギーは、食器洗浄機においても他人ごとではありません。
食器洗浄機への投資を行う時に、ランニングコストは必要不可欠な要素であり、水道や電気のコストを意味します。そしてランニングコストが少なければ、当然投資回収効率もアップします。
2007年に、ウィンターハルターは「Energy」を搭載した省エネルギーモデルを、業界に先立ちラインナップし、多くのお客様にご利用いただいてきました。そして、一歩先行く第二世代の省エネモデルを皆様にご提案致します。

新しい技術開発と課題の解決により、PTシリーズはウィンターハルターの製品における経済性について、まさに具体例として存在することになります。それは3つの方向性からなる「効果的なエネルギーの利用」、「エネルギーの再利用」、「資源の経済的な利用」を根幹として考えられているからです。

   
   

Efficient energy use

工場から出荷されるPTシリーズには、標準としてヒートリカバリーシステムが搭載されます。
コンパクトな排水ヒートリカバリーシステム「Energy Light」は、排水されるお湯の熱を再利用して給水を温めます。これにより経済性が高まり、エネルギーコストを最大で約10%削減します。

Consistent energy recycling

PTシリーズでは、オプションにて、さらに大きな排水ヒートリカバリーシステムとともに排気ヒートリカバリーシステムを搭載することが可能です。この「EnergyPlus」モデルは、排水と排気の二段階の熱交換により給水を温めます。オペレーションコストは1回の洗浄あたり最大で約20%削減されます。排気温度も半分以下に低下し、本格的な排気フードを設置する必要が無くなります。

「EnergyPlus」モデルは、長期的なエネルギーセーブを行う上で、非常に価値のある投資となります。オプションの追加費用はすぐに回収できます。投資回収効果を計算してみましょう。
「EnergyPlus」モデルは、長期的に見た場合、追加オプションの費用はすぐに回収できるため、コストセーブの観点から非常に価値のある投資になると考えています。

Economical use ofresources

「洗浄フィールド」を回す推進力を生むためだけに使われる水はもう必要ありません。
オプションの「ドリブンリンスシステム」では、通常タイプと比較した場合、すすぎ水量を大きく削減することができ、ランニングコストは一回の洗浄あたり、最大で約12%削減されます。
この最適化されたリンスシステムにより少ない水の消費にもかかわらず、美しい洗浄結果をお届けすることができます。

Maximum economy

「EnergyPlus」と「ドリブンリンスシステム」の組み合わせは、長期的な視点で見た場合、最強のタッグになります。
標準タイプと比較し、ランニングコストは最大で32%削減されます。