HOME > 製品詳細
/ 詳細の閲覧
[厨房機器 > 洗浄機]
<<戻る   
お問合わせは、このボタンで
アンダーカウンタータイプ食器洗浄機UC-XL Energy (ID=17)

キッチンの世界は多種多様でも:今日ではアフリカ、アジアそしてヨーロッパといった世界各国の様々な料理が飲食店のメニューに取り入れられています。料理が異なるのに伴って、盛り付けられるプレートの種類や、付着する汚れの種類も様々です。ウィンターハルターの新しい世代のアンダーカウンター食器洗浄機は、高い品質基準を保ちながら、これらの多様なニーズに対応しています。軽い汚れでも、ひどい汚れでも、デンプンや脂肪、タンバク質であっても、洗浄結果はいつも衛生的できれいに仕上げます。
新しいウインターハルターの食器洗浄機は、壊れやすい茶碗や厚くて丈夫などザブプレートまで、異なった食器の形状や大きさも考慮に入れて開発されています。

トレイ用の大容量:パブやホテル、レストランでは、プレートだけでなく、トレイなどの大型の洗浄物があります。これらを手で洗うと、長い時間と大量の水やエネルギーを必要とします。
そんな時はUC−XLがお役に立ちます。UC−XLは卜レイを最適、かつ衛生的に洗浄できるように、厚内有効を広く取っています。

ウィンターハルターは・アンダーカウンタークラスの洗浄機で初めて、Energy−コンセプトを可能にしました。通常の洗浄機は、洗浄終了後にドアを開けると、庫内から湿った暖かい蒸気が逃げていきます。これは、有効なエネルギーが消えてなくなることを意味します。UCシリーズのEnergyバージョンは、この蒸気を、新開発の特許技術、循環式排気ヒートリカバリーシステムで、有効なエネルギーとして利用します。

すすぎ水を加熱するために必要なエネルギー量を48%、1サイクルあたり最大0.1kWh削減できます。1日80回洗浄すると、1年で2,920kWhまたは467ユーロを削減できます。また、別のメリットとして、ドアを開けた時に温かい、湿った蒸気がほとんど出て来ないので、室内環境を改善できます。

ウィンターハルターが、アンダーカウンタークラスの洗浄機用に初めて、コンパクトな循環式排気ヒートリカバリーを開発し、最小のスペースで効果的なヒートリカバリーを実現することができました。湿った暖かい蒸気は庫内から直接回収されます。 その回収された蒸気を給水を加熱するエネルギーとして再利用します。
1サイクルあたり最大0.1kWh削減できます。1日80回洗浄すると、1年で2,920kWhまたは467ユーロの削減が可能です。
UCEnergyバージョンには、複数のメリットがあります。:室内の環境を改善し、エネルギーを削減、そして環境にも良い影響を与えます。 ECO−プログラム
ECO−プログラムは特に経済的な洗浄が可能です。洗浄時間を延長することにより、洗浄結果を犠牲にすることなく、水、エネルギーとケミカル類の削減を可能にします。このプログラムは、時間の余裕のある場合には、大変有効です。